「眉メイクは難しい」って感じてる人がほとんどではないでしょうか?

眉毛は濃くても薄くても、それぞれにお悩みがあります。

時代にあってるかどうかも重要ですが、

ご自身の形や、筋肉の動きに逆らいすぎると不自然になりますので、元の眉を活かしたメイクにしたいですね。

眉を切ったりそったり整えるのは、眉毛を描いてから!ですよ。

どこがいるのかいらないのか描かないとわからないですから。

 

では、まずは眉の長さから。

 

1.口角と目尻の延長線上 :短めの眉。このくらいがお似合いの方、またはこれ以上短くないほうがいいという目印に。

 

2.小鼻と目尻の延長線上 長めの眉、これくらいがお似合いの方、またはこれ以上長くしないほうがいいという目印に。

 

眉尻の高さは、眉頭と同じくらいを目安に。

 

これで眉尻の長さと高さが決まりました。

慣れるまではペンシルで印をつけておくことをオススメします。

 

こちらは↑下がり眉。

眉尻が眉頭より下がってます。

これはこれでかわいい印象ですので、お似合いの方もいると思います。

ただ40代以上になりますと、顔の外側に下がる線は、お顔全体が下がって(垂れて)見えますので注意!

 

こちらは↑眉頭が中に寄っている眉。

きりっとした印象で、しっかりものに見られます。

それを狙いたい場合は寄せぎみに描くといいですよ(薄い色のパウダーをオススメします)

同じ理由で、近すぎる眉頭は、難しい表情にも見えます。

神経質な人、と思われるかも。

 

反対に眉頭が離れている眉↑。

優しいふんわりした印象です。

優しくみられたいなら眉頭を寄せ過ぎないほうがいいですよ。

ただこれも、離れすぎだとまぬけちゃんな印象です。

※眉頭のスタート位置は小鼻の付け根の真上くらい(目頭より少し内)を目安に。

 

かなり急なアーチ眉↑

あまりアーチが大きいと、老けてみえるかも。(細いとなおさら)

目を大きく見せたいならストレート眉のほうがオススメです。

 

こちらは上のほうにある眉↑。

眉と目のあいだの幅が広い場合。

眉だけは年々上に上がると言われます。

目を開けるのにおでこの筋肉を使い出すので、どんどん上がっていくらしいのです。

おでこのシワができる原因でもあります。

なので、この幅は狭いほうが若々しい印象になります。

という事で眉を描き足すなら、下に下に。

目と近づけてみましょう。

 

↑イモト眉です!

こんな形に描く方はいないでしょうけど、注意していただきたいのは、ぺたんと塗りつぶしたような濃い眉にしちゃうこと。

切って貼ったようになってないかチェックしてください!

 

↑こちらはゴルゴ眉。

男らしい形。私もこんな形の眉なんですが、ここでの注意点は眉頭。

ぱきっと濃い眉頭になってないかチェックしてくださいね〜

眉頭は必ず、ぼかします。

指でもブラシでもいいので。

毛がしっかりあるなら、眉頭は描かなくてもOKです。

毛を活かしてください。

 

形を整えたら

パウダーとペンシルを使って。

毛が濃いなら、眉マスカラを使うと優しい印象になりますよ。

逆に毛が薄い方はリキッドタイプのもの、おちにくくてオススメです。

おちにくいので失敗した〜って時ちょっとめんどうかも。

特に朝はばたばたしますから。

 

眉はとにかく慣れること^^

コツがつかめるまではちょっとがんばって練習しましょう。

夜、メイク落としの前の練習をオススメします。

朝は本番ですから。

 

眉をきちんと描くと、メイク感がアップしますよ。

眉の描き方に自信がなくて、中途半端になんとなく描いてる方、けっこういらっしゃいます。

 

ペンシルだけじゃなくてパウダーを使うと自然な仕上がりになります。

オススメのペンシルやパウダーもまたメルマガでご紹介してまいります^^